低フォドマップ食でおなかリセット後に犯人捜し – 1週目

低フォドマップ食でおなかをリセットして調子が良くなったので、高フォドマップを一品ずつ戻していって、おなかを緩くしている犯人を捜します。日頃の料理でよく使われる食材から試していきます。

小麦粉に挑戦

最初は小麦粉です。小麦粉は、うどん、パスタ、10割未満のそば、ラーメン、焼きそば、お好み焼き、カレーのルー、パン類全般(米粉パンを除く)などなどなど、コメ以外の主食級の食材の原材料になっています。洋菓子類もほぼすべてといっていいほどに使われています。

1週目のメニュー

手始めなので少量から始めました。月曜日始まりで切り替えていきます。
・火曜、木曜 朝食に食パンを各1枚
・土曜:朝 食パン、昼 パスタ(明太子)
・日曜:朝 食パン、昼 ラーメン(醤油)、夜 ネギ入り味噌汁

結果、小麦粉は問題無し! 最後にはネギにも挑戦し、こちらも問題無しでした。
小麦粉についてはほっとしました。上に挙げた食材が食べられなかったら相当な制限になってしまいます。拙宅ではネギもよく使うので、これも安心。

おなかの調子は引き続き好調です。

次週は野菜系に挑戦です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました